お遍路ハウス33

7月 認知症カフェ

2018年7月19日(木)

お遍路ハウス33コンシェルジュさくらです。

ちょっとエジプトに行ってきました。

ですから今月も認知症カフェは聞き書きです(^人^)

予想通りの猛暑のエジプトから戻ってみたらここもエジプト並みの熱波(笑)

豪雨の後は猛暑(゚o゚;の続く7月ですが、毎月第2水曜日のさくらカフェは今月も無事に開催されました。

今回の講座は約1年ぶり2回目の<ヤクルト>さんによる健康のお話でした。

最初に腸の役割や腸内細菌と健康の関わり等のお話があり、<腸年齢チェック>では参加者13名の皆さんご自身の腸年齢を確認していました。

長いホースで実際の腸の長さを実感したり、クイズ形式でウ○チ問題に取り組み、良いウ○チ悪いウ○チの見分け方があることに驚いて、納得したり笑ったりの楽しい講座になりました。

最後にみんなで腸トレ体操を行ってお土産のヤクルトを頂きあっという間の1時間でした。

ティータイムを挟んで後半は、近隣の<居宅介護事業所よこはま>の岩崎さんより、家庭にあるカップ麺(今回は焼きそば)に水を入れて20分置いておくと、お湯でなくても食べることができ、防災食として活用できる等の説明がありみんなで試食をしました。思ったより美味しかったです。冷たかったですが普通に食べれました。知ってると役に立つかもと思いました。

新しい知識ですね!

今シーズンは、さくらカフェに関わってくださる事業所の自己紹介も兼ねる時間をとる事にしていますので横浜病院常務理事の宇田さんより有料老人ホームロイヤルパレス横浜についてもご紹介頂きました。

月に2回の特別食は食事が選べることや朝食もパンとご飯を選べる等の説明の場面では参加者の方より『食事が美味しいがやとね』と声が上がっていました。入所されている方は同じ事業所のデイやヘルパーさんを利用しておられる方も多く、緊急時(夜間等)の体調不良時にも隣接する横浜病院が対応してくれるので安心との事でした。ここでもお土産を頂き今回はお土産がいっぱいの7月の認知症カフェ<さくらカフェ>の報告でした。

エジプトの猫もこの暑さでくたびれ気味‥‥

次回8月のさくらカフェはよさこいスタートの8日第2水曜日、午後1時半〜です。

昨年に続き東京からのよさこい参加女子たちもお遍路ハウス33にやってきます。

暑さもなんのその、よさこいパワーでさくらカフェに集いましょう!