お遍路ハウス33

NZ南島ドライブ旅行〜④マウントクック編

2019年3月15日(金)

お遍路ハウス33コンシェルジュさくらです。

女性専用ゲストハウスを営む前から旅には随分縁がありました。せっかくのHPですので旅の思い出をblogでシェアできることは新しい楽しみとなりました。お読みくださりありがとうございます。

NZ南島を旅しつつ、『南半球だから南島は寒くて日本でいうなら北海道か?』などという思いが牛や馬、羊と丘陵の平和な景色を眼にしながら浮かびました。

南島最大の街クライストチャーチとクイーンズタウンのほぼ中間に位置するアオラキ/マウントクック国立公園でフッカーヴァレートラックをハイキングしました。

ドライブしながら雪をいただくマウントクックが見えてきました。

ビューポイントのプカキ湖のミルキーブルーにもびっくりでした♡。

ホテルはほぼ選択の余地がなく(高級)The Hermitageハーミテージ。

どの部屋からもマウントクックが見えるようです。

NZのサマータイムは日本より+4時間、夜9時くらいまで明るいので観光には便利な季節です。

マウントクックに到着したのが夕方5時ごろでしたがこの快晴を逃すまいとトレッキングに出発しました。

往復3時間あまり、10キロの行程です。

日が照っているので軽装、半袖、サンダルばきの身軽な人々も。けれど山の天候は油断なりません。

 

途中吊り橋を3回渡ります。最大20人まで!などと注意喚起されてます。揺れます。

夕日を浴びる山並みも3千メートル級。

2月の終わりはNZではすでに秋?花よりススキな印象でした。

あと一息、イージーなズックで歩いてもなんとかなったコースでホッとしました。

到着地はフッカー氷河湖。右隅の氷河が天使の羽に見えました。

エベレスト初登頂(1953年)の登山家ヒラリー卿はニュージーランド人とのこと。マウントクック登山で腕を磨いたそうです。

ホテル前には彼の銅像、中には博物館があります。NZの紙幣にも肖像が描かれた英雄のようでした。検索してみて印象的なことが、エベレスト登頂隊では第一次アタック隊が失敗したので2次隊のヒラリーが登頂成功。今話題の映画<ファーストマン>のアポロ11号宇宙飛行士ニールアームストロングと一緒に雪上飛行機で北極点到達(1985年)。南極点、エベレストと合わせてスリーポールチャレンジを世界で初めて達成したそうです。晩年は養蜂業を営んで2008年88歳で亡くなり国葬が行われました。色々とドラマチックな人生です。

マウントクックは日本人なら富士山に似ている印象を持つのではないでしょうか?高さも3724メートル。霊山感アリです。

ヒラリー卿↑、翌朝は結構な嵐。前日歩いてよかった。

出発後段々と晴れてきたプカキ湖のミルキーブルー

虹にも出会えました🌈

NZ南島ドライブ旅行は続きます。