お遍路ハウス33

2018年1月 認知症カフェスタートです

2018年1月12日(金)

山間地には雪のニュースも聞かれますが、高知市南部の長浜は快晴の第2水曜日の午後、常連さんたちが15人ほどお集まりくださり今年最初の認知症カフェ”さくらカフェ”が開催されました。

玄関前にはかっちゃんお手製ののお正月飾りがすでに飾られていました。

まずは先月23日の高知新聞に掲載された”お遍路ハウス33”の記事を、師匠(笑)梶田さんが新聞バッグに何枚も作ってくださりお友達に託けて届けてくださいましたので早速皆さんに見ていただきました。

そしてなぜか正装して現れた義母の幼馴染かっちゃんから、一言皆さんの前で表明したいとのことで”さくらカフェ”開催への感謝のお言葉をいただきました。恐縮です(*^_^*)。

前半は昨年大変好評だったアルコデイトレセンターの<笑いヨガ>からスタートしました。寒さで強張りがちな体からお顔まで笑いによって緩められました!

ちょっと体操もしてからティータイム。ドリンクは参加費(百円)支払い時にコーヒー、レモンティー、緑茶、生姜湯の中からお選びいただきます。

後半は毎回ちょっと頭も手先も使う作業です。今回はアクリル毛糸を使って作る”ミニはたき”でした。

カラフルに仕上がったミニはたき達♡可愛いですよね。早速ピアノのホコリを叩いてみましたが結構使えますよ。

次回2月の第2水曜日は14日、バレンタインデーですね。愛の日です♡。

お遍路ハウス33にてお待ちしています。